home
会長挨拶
開催概要
プログラム
演題募集
参加者へのご案内
各ご案内
会場案内
宿泊案内
リンク
ハンズオンセミナー

 学会事務局 
埼玉医科大学国際医療センター
MEサービス部
事務局長:塚本 功
〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1
TEL/FAX:042-984-0564

 運営事務局 
株式会社サンプラネット 
メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 
東京都文京区大塚3-5-10 
住友成泉小石川ビル6F
TEL:03-5940-2614  
FAX:03-3942-6396
jsbpcc28@sunpla-mcv.com

会長挨拶

 第28回日本急性血液浄化学会学術集会を2017年9月23日(土)~24日(日)の2日間、埼玉県さいたま市の「ラフレさいたま」にて開催させていただくことになりました。伝統あるこの学会の会長を仰せつかり、大変光栄に思うと共に重責に身の引き締まる思いですが、皆様にとって実りある学術集会となるように精一杯努力していきたいと思います。

 さて、本学会は慢性透析医療に携わる腎臓内科や泌尿器科の医師と急性期医療に携わる救急医・集中治療に携わる医師と共に臨床工学技士や看護師などのコメディカルスタッフが、それぞれの立場を超えて腎補助療法をはじめとする急性血液浄化を如何に安全に効果的に施行し、重症患者の治療に役立てるかを主な目的としています。そのようなことから、本学会には多くの臨床工学技士や看護師などが加入しており、医師と協同で活発な活動を行っています。

 実際に私自身も25年前から急性血液浄化を実践し、当時から臨床工学技士の当直体制を行い、医師と共に1日24時間いつでもどこでも最も適正な血液浄化を提供し続けております。急性血液浄化はいつ開始していつ終了するかが重要であることは勿論、施行中の治療条件と安全体制を管理することが必要です。

 本学術集会のテーマは、『急性血液浄化の最前線と未来へつなぐ技術』と致しました。急性血液浄化を必要とする対象症例は複雑な病態の重症者が多く、それに対応すべく急性血液浄化の治療法と施行技術は常に進歩しているため、医師と共に臨床工学技士や看護師などの多様なコメディカルスタッフがチームを作り協調することが重要です。そこで、急性血液浄化の最前線を理解し、発展・普及させるためのノウハウを本学術集会でディスカッションし、技術的な質を向上させ未来へつなげていくための魅力的なプログラムを作るべく、関係者一同心を込めて準備・企画しております。

 急性血液浄化に関わる医師、臨床工学技士、看護師、栄養士、研究者、学生、その他の多くの方々が気兼ねなく参加できて勉強し、この学会に来て良かったと思える学術集会を目指したいと思います。

 ぜひ、さいたま市の新しい街、「さいたま新都心駅」から歩いて約10分弱の「ラフレさいたま」にて開催させて頂きます「第28回日本急性血液浄化学会学術集会」に皆様お誘い合わせの上、多数の方々にご参加して頂けますよう心よりお待ち致しておりますので何卒宜しくお願い申し上げます。

開催日程:2017年9月23日(土)~24日(日)
第28回 日本急性血液浄化学会 学術集会 
テーマ:「急性血液浄化の最前線と未来へつなぐ技術」
会長:山下 芳久(埼玉医科大学 保健医療学部 医用生体工学科 教授)